清潔と身嗜み@脱毛
メンズ@脱毛 ヒゲ・胸毛・VIO モテる男は脱毛中
脱毛ブログ

脱毛を受ける前の準備|施術日までにしておくべきことは?(ヒゲ・体毛チェック)

脱毛

今、悩んでいることを「始める前」「終わった後」「問題が出た」を確認

もしも悩んでいた場合は、ブログを見た後にサロンや医療に電話はメールをしてください。

家での脱毛準備・ケア・悩み

脱毛前のやった方が安心気分

脱毛を受ける前に何かしておくべきことってあるの?
という方多いのではないでしょうか。脱毛は少なからず肌に負担がかかる施術となるのでいくつか守るべき項目があります。もしこの項目を無視してしまうと肌荒れなどのトラブルにつながるので確実に押さえておくようにしましょう。

この記事では脱毛を受ける前の準備と絶対にやってはいけないことについて解説します。

脱毛を受ける前にしておくべきことは?

脱毛を受ける前にしておくべきことは主に以下の3点です。
☑️万全な日焼け対策
☑️自己処理をしておく
☑️肌のコンディションを整えておく

万全な日焼け対策

レーザー脱毛光脱毛の場合はメラニン色素に反応するレーザー及び光を照射して脱毛をするので、日焼けをすることで皮膚のメラニン色素が増加すると肌への負担が大きくなってしまいます。
そのため過度に日焼けをしている方は脱毛の施術を断られる可能性があります。普段から日焼け止めクリームや日傘を使うなどして日焼け対策をしつつ、施術前に日焼けをしそうな予定を入れないように心がけましょう。

※ニードル脱毛は問題なし

自己処理をしておく

脱毛しに行くのに自己処理が必要なのかと思われる方も多いですが、施術1~2日前に自己処理を行っておきましょう。
毛が長いと過剰にレーザーが反応してしまい、皮膚への負担が大きくなってしまう可能性があります。また、毛を作る働きのある毛乳頭まで熱が伝わりにくくなってしまうという問題点も発生します。
また自己処理を行う際は毛抜きや脱毛ワックスは使用しないでください。毛根から引き抜いてしまうと脱毛効果が得られなくなってしまいます。直接刃が当たらず肌に優しい電気シェーバーでの自己処理が推奨されています。

※ニードル脱毛は毛が2mmほど必要

肌のコンディションを整えておく

脱毛は少なからず肌にダメージを与えてしまう行為になります。
そのため、肌荒れや乾燥をしている場合には施術後に火傷や炎症などの肌トラブルに繋がる可能性が高いです。普段から化粧水を使ったり、保湿クリームで肌に潤いを与えるなどして肌のコンディションを整えておくようにしましょう。

※3日前から保湿クリームでコンディションをよくしておきましょう

脱毛を受ける前にやってはいけないこと

先ほどは脱毛を受ける前にしなければならないことを紹介しましたが、ここでは脱毛を受ける前にやってはいけないことを解説します。
脱毛を受ける前にやってはいけないことは主に以下の5点が挙げられます。
☑️激しい運動をする
☑️飲酒する
☑️毛抜きや脱毛ワックスで自己処理する
☑️予防接種を受ける
☑️ヘアカラーをしない

激しい運動をする

脱毛を受ける前に激しい運動を行って体温が上昇してしまうと肌トラブルが生じる可能性が高くなります。実際に脱毛サロンでも施術後に熱を帯びてしまった肌は冷却ジェルなどを使用して出来るだけ熱がこもらないように冷やしてくれます。
激しい運動だけでなく岩盤浴や入浴などの行為も体温を上昇させてしまうことに繋がるので控えるようにしましょう。

飲酒する

これは先ほど紹介した激しい運動をしないことと似ているのですが、飲酒をすると血行が良くなるので体温が上昇してしまいます。
それに伴って肌トラブルに繋がってしまう可能性が非常に高くなります。また、アルコールを肝臓で分解する際に体内の水分を消費するので肌の水分量も低下しがちです。肌のコンディションを整えるという意味でも脱毛を受ける前の飲酒はしないようにしましょう。

毛抜きや脱毛ワックスで自己処理する

毛抜きや脱毛ワックスで自己処理を行うと毛根がなくなってしまい、毛を作る働きのある毛乳頭を破壊することができなくなってしまいます。また、毛穴が傷ついたり炎症を起こしてしまうなど肌へのダメージも非常に大きいです。自己処理を行う際には肌への刺激が少ない電気シェーバーを使用するようにしましょう。

予防接種を受ける

脱毛サロンによっても異なるのですが、予防接種前後の10日間は施術を禁止しています。
予防接種とは体内に微量の病原体を入れることで、抗体を作らせるというものになります。そのため体は普段よりも弱っている状態です。このような状態で脱毛を行うと肌の機能も低下しているので肌トラブルが生じる可能性が高くなります。
また薬の副作用によっては「光線過敏症」が発症することもあります。光線過敏症とは日光などの光にアレルギー反応を起こしてしまう病気です。この場合には脱毛で使用する光によってアレルギー反応が生じる可能性があるため、脱毛サロンでは薬の服用についても確認を行っています。中には行わない脱毛サロンもあるかもしれないので、事前に医師やスタッフに確認をしておくことをおすすめします。

ヘアカラーをしない

ヘアカラーで使用される薬剤は肌への刺激が強いものがほとんどです。
そのため使用直後は肌へのダメージも大きく、肌トラブルを引き起こしやすい状態となっています。中にはアレルギー反応やアナフィラキシーショックを引き起こす方もいるくらいです。そんな状態で脱毛を行ってしまうことは非常に危険だと言わざるをえません。ヘアカラーの定着には1週間程度の時間が必要となるので、脱毛を行う際には1週間程度の期間を空けてから行くようにしましょう。

まとめ:行く準備

脱毛を受ける前にしておくべきこととやってはいけないことを解説しましたが、これらのことが守られていないと脱毛の施術そのものが行えなかったり、施術ができたとしても正しい効果を得られなくなってしまいます。
これらの項目をしっかり守って安心・安全に脱毛を行いましょう!

光・フラッシュ脱毛店舗

・光脱毛を導入しているため、産毛も脱毛が可能 ※白毛は出来ない
・痛みの少ない快適な脱毛が可能
・スタッフやカウンセラーは男性なので相談しやすい

金額は安く・痛みが少ない方向け
期間は少し掛かります

オススメ① メンズ脱毛RINX
オススメ② レイロール
オススメ③ フィーゴ(figo)

【男性・女性】IPL脱毛を受けることができる光脱毛の店舗一覧光脱毛種類・IPL脱毛を紹介、男性や女性などが大体この店舗に行っております、一番大きいのは痛みが少ないのと低価格。男性は高校生並みの薄いヒゲに、女性はもともと毛が薄いので少しづつ無くなっていきます。...

①メンズ脱毛RINX(リンクス)

②レイロール

③フィーゴ(figo)

レーザー脱毛店舗

医療系で痛みがある店舗は麻酔で脱毛が出来ます
時間と金額でコストパフォーマンス高い、特に時間は一番速い店舗です。

オススメ① ゴリラクリニック
オススメ② メンズリゼ
オススメ③ ドクターコバ

【男性・女性】医療レーザー脱毛が受けられる店舗一覧とにかく早く脱毛したい!来年の夏にまでやりたい人はレーザー脱毛をまずは体験していきましょう、痛みもあるけどとにかく早い&永久脱毛可能。大手店舗4店舗を厳選紹介...

①ゴリラクリニック

②メンズリゼ

③ドクターコバ

ニードル脱毛

・ヒゲを1本1本脱毛可能
・1本なので「デザインヒゲ」可能
・「永久脱毛可能」

・金額が高く、完全脱毛するために時間が掛かる
・完全脱毛なので芸能人やホストなどモテる為の脱毛店舗です

オススメ① ダンディハウス
オススメ② メンズTBC

【男女共通】ニードル脱毛ができる脱毛サロン・医療機関一覧ニードル脱毛(針脱毛)の医療機関を厳選紹介、店舗は少ないが100%の永久脱毛が可能、大手店舗は全国にあるのでどこでも行けます。部位も考えて全身脱毛ではないピンポイント脱毛がおすすめです。...

①ダンディハウス

②メンズ(MEN’S)TBC